Plesk8.4.0にdjangoをインストールするまで

2011年12月6日火曜日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DjangoをPleskにインストールするまでの備忘録。 最近Djangoにちょいはまってます。 Djangoのadmin機能は便利だなとただ感嘆するばかりです。 

アプリケーションを作ると管理画面は必須ですよね。 cakephpではbakeでさくっと作れるんですが、それ以上にさくっと作れるのがDjangoのadmin機能。。 

で、今回フォームのデーターをDBに入れて管理画面から見るだけのモノだったのでちょっと使ってみた際の備忘録。 環境はPlesk8.4 (結構前に借りたVPSで、当時はほほ〜という便利だなという感じで使ってましたが今となってはサクラVPSとかのプレーンな感じが使いやすかったり。。。)

 まずは、必要なもの
python-devel.x86_64
glibc-devel.x86_64
mysql-devel.x86_64
zlib-devel.x86_64
openssl-devel.x86_64
このへんが必要っぽいです。

 今回はMySQLを使ったので、mysql-develが必要でした。

 Django自体のインストールはすんなりいったので割愛します。 インストールで、pleskにyumは入れませんでした。(既に稼働しているので・・・何かあったらと思うと・・・。) 

で、RPMからインストール。 easy_install Mysql-pythonでmysql-develでこけたのでそこから。


$ wget http://vault.centos.org/5.1/updates/i386/RPMS/mysql-devel-5.0.22-2.2.el5_1.1.i386.rpm
$ rpm -ivh *****
$easy_install mysql-python /usr/include/mysql/my_config.h:11:30: error:

my_config_x86_64.h: そのようなファイルやディレクトリはありません と、 追加でインストール。


$wget http://vault.centos.org/5.1/updates/x86_64/RPMS/mysql-devel-5.0.22-2.2.el5_1.1.x86_64.rpm

で入りました。。easy_install mysql-python。

 あとは、vhost.confに設定を追加。 設定は下記を参考

  Apache と mod_python で Django を動かす/

 なんとかインストールできた。。。。><



0 件のコメント:

コメントを投稿