fuelphpのコントローラのテストは簡単なのか?

2012年3月2日金曜日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fuelphpのコントローラのテストは、

class Test_Controller_Post extends TestCase
{

    protected function setUp()
    {
        parent::setUp();
    }

    protected function tearDown()
    {
        parent::tearDown();
    }

    public function test_index(){
        $response = Request::forge('post/index')->execute()->response();
        $render = $response->send();
    }
}

とかでいいっぽい。

execute()にはコントローラーのアクションの引数を渡せばいいっぽい。

send()でレンダリングした結果が取得できるっぽい。

あとはアサーションしていけばいいのか?

カスタムしたルーティングが課題。。。

ラベル:


0 件のコメント:

コメントを投稿