Nagiosのデフォルト設定について

2012年11月23日金曜日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

generic-service を見てみる

参考URL http://nagios.x-trans.jp/Nagios-doc/JAPANESE/

項目 デフォルト 説明(自分なりの解釈)
active_checks_enabled 1 Nagios本体からチェックをかける
passive_checks_enabled 1 結果を受け取る
parallelize_check 1 並列に実行する
obsess_over_service 1 分散監視する
check_freshness 0 一定時間情報更新が無かった場合に警告を出す
notifications_enabled 1 通知の有効無効
event_handler_enabled 1 イベントハンドラの有効無効
flap_detection_enabled 1 フラッピング検知の有効無効
failure_prediction_enabled 1 予測失敗時の報告?
process_perf_data 0 パフォーマンスの保存
retain_status_information 1 ステータスの保存
retain_nonstatus_information 1 ステータス以外の保存
is_volatile 0 volatileサービスかどうか
check_period 24x7 チェックする期間
max_check_attempts 3 試行回数
normal_check_interval 10 ノーマルな状態でチェックする間隔
retry_check_interval 2 リトライする間隔
contact_groups admins 通知先のグループ
notification_options w,u,c,r 通知する対象 w=WARNING u=UNKNOWN c=CRITICAL r=RECOVER?
notification_period 24x7 通知する時間帯
register 0 テンプレートなら0

linux-server を見てみる

項目 デフォルト 変更
name linux-server
use generic-host
check_period 24x7
check_interval 5
retry_interval 1
max_check_attempts 10
check_command check-host-alive
notification_period workhours 24x7
notification_interval 120
notification_options d,u,r
contact_groups admins
register 0

Nagiosで通知(アラートメール)が行われなくて色々調べたメモ

次は個別のサービスを。

ラベル:


0 件のコメント:

コメントを投稿